トップページ > 宅録部屋の構築 >  宅録で「部屋」は重要

宅録で「部屋」は重要

宅録で重要なファクターとなってくるのが、「部屋」です。

たいていの人は防音室など持っていませんので、近隣住民の迷惑にならないように工夫する必要があります。

また、「部屋」の持っている響き=ルームアコースティックも重要です。

マイクで録音した音にはルームアコースティッックが必ず入るからです。

歌を録音した際に、お風呂のようなリバーブが常にできてしまったり、コンクリートの壁からの反射音が強かったり、、、と色々な癖があると思います。

音楽にあった響きをしていれば良いのですが、適切な響きじゃないと良い録り音になりません。

宅録では、オールマイティーに使えるという意味で、ある程度響きを抑えたデッドな部屋鳴りをおすすめします。

騒音問題対応

基本的な騒音問題の対応策としては、非常識な時間帯、夜間や深夜の音出しは控えること、音量は抑えめで作業する事です。

特に低音域というのは防音するのが非常に難しいです。

モニタースピーカーからでるバスドラムの音などは、思っている以上に階下に響いたりします。

多少効果があるのは、カーペットを敷いたり、市販の遮音シートなど、重量があるモノを敷いたり、壁に貼ることです。

重いモノの方が音を伝えるエネルギーが伝わりにくいという特性があります。

また建物構造自体でも遮音性が変わってきます

木造<軽量鉄骨<軽量気泡コンクリート(ALC)<鉄骨構造<鉄筋コンクリート((RC)<鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC)となるにつれて遮音性が期待できます。(音の性質によって若干遮音の優位性が変わりますが)

またマンションなどでは、1階なのか、最上階なのか、角部屋なのか、といった条件も大きく関わってきます。

物件を選ぶときには注意しましょう。

このページのトップへ↑

部屋の響きの調整

部屋の響きの調整をすることも大切です。

マイクで楽器の録音するだけでなく、モニタースピーカーで音を確認する際にもとても大きな要素になってきます。

部屋に独特の響きがある場合に、それが音楽として味になる場合もありますが、適切じゃないことも多いです。

オールマイティーに使えるためには部屋の余分な響きを抑える必要があります。

市販の吸音材がベストですが、かなりコストがかかるので、まずは厚手の布、カーテンやカーペットなど音を吸収できるモノをうまく使いましょう。

吸音するポイントとしては、モニターの背面、床、部屋の四隅、モニターの正面です。

注意するポイントは必ず左右対称にすることです。

壁の片側に吸音材を貼って、片側に貼らない、、、なんてことのないように正確に測って設置をしてください。

このページのトップへ↑