トップページ > 宅録の基礎知識 >  宅録ってなんですか?

宅録ってなんですか?

宅録とは歌や楽器演奏を自宅で録音(レコーディング)をすることです。

宅録というとオタクな趣味と思う人もいるかもしれませんが、立派な音楽制作です。

むしろ、今は宅録があってはじめて音楽活動ができるというミュージシャンも多いです。

手軽になった宅録

一昔前はレコーディングスタジオでしかレコーディングは出来ませんでしたが、
最近ではメジャーレーベルの作品でもほとんど宅録で制作したモノもあります。

レコーディング技術が簡単になってきたので、低コストでレコーディング環境を整えられるようになってきたのです。

もちろん、有名アーティストの中には宅録と言っても、商業スタジオ並みに大きな自宅スタジオを持っている人もいます。

しかし、必ずしも大きなスタジオを持つ必要はなく、3畳〜5畳でも十分に自宅スタジオをつくることができます。

このページのトップへ↑

宅録を楽しまない手はない!

せっかく手軽に音楽を録音できるような時代になったのですから、宅録を楽しまない手はありません。

バンドを組む必要もありませんし、すべて自分が思うように音楽制作をすることができるのです。

「自由に書いて良いキャンパス」と無数の絵の具がすぐに手に入るのです。

このページのトップへ↑