トップページ > 宅録部屋の構築 >  モニター環境

モニター環境

宅録を行うには、きちんと音楽を聴ける環境を作る必要があります。

宅録でミキシングまでしたい!と考えているならなおさら重要です。

ある程度、解像度が高い音楽環境で作業をしないと、音色をつくったり、楽器のバランスを整えたりするミキシング作業はできません。

ただし、デモ音源だけ作れれば良いという人は、そこまで投資しなくても大丈夫です。

解像度が高すぎると、歌や演奏のアラが目立ちすぎて、作曲というクリエイティブな作業に没頭できないという人もいます。

モニタースピーカー

音楽制作に客観的なサウンドを提供してくれるのがモニタースピーカーです。

制作した作品がどんな再生環境で聴いてもイメージが極端に崩れないにように仕上げる必要があります。

そのクオリティに直接関わるのがモニタースピーカーであり、ミキシングでは質の良いモニタースピーカーを使うことが大前提です。

特にヘッドフォンでは再生しきれないような低域の確認には必須です。

とはいっても、日本の住宅事情では、宅録で爆音を出せる環境は現実的ではないので、
まずは小さいながらもバランスが取れたモニターを購入することをオススメします。

このページのトップへ↑

ヘッドフォン

モニタースピーカーで大きな音を出すことが宅録環境では難しいと思います。

そこで、モニタースピーカー以上に気を使ってほしいのが、ヘッドフォンです。

ヘッドフォン選びは解像度はもちろんのこと、装着性をチェックすることが、長時間の作業では非常に重要です。

音漏れするようなオープンタイプから密閉性のクローズドタイプまであります。

装着性はオープンタイプのモノの方が良いですが、音漏れするためレコーディングには向きません。

このページのトップへ↑