トップページ > 宅録の為の機材の選び方 >  プラグイン

プラグイン

プラグインとは、ソフトウェアに機能を追加する小さなプログラムのことを指します。

プラグインソフトを使うことによって、ありとあらゆる音楽的な効果をデジタルで得ることができます。

プラグインは多機能に渡りますが、最初は付属のプラグインで十分です。

基本的な操作を覚えるまでは、あれこれ手を広げないようにしましょう。

プラグインでできること

ミキシングする際に、プラグインのイコライザーで音域を変えたり、プラグインのコンプレッサーで音の強弱を整えたりということができます。

MIDI打ち込みでもプラグインとしてソフトシンセしたり、クリーンなファンクのカッティングギターや70年代ロックドラムなど、ありとあらゆるヴァーチャル楽器を使用することができます。

現在はますます優れたプラグインがラインアップされています。

このページのトップへ↑

まずは手持ちのプラグインで

ブラグインは、最初はシーケンスソフト付属のプラグインで十分だと思います。

最近のシーケンスソフトは内容がとても充実していて、付属プラグインでできないことはほとんどありません。

十分に使いこなせるようになれば、自然とレベルアップさせたい、欲しいプラグインソフトが出てくるはずです。

「もっとボーカルの音質を良くするためにコンプレッサーが欲しい」とか「リアルなジャズドラムのサウンドが欲しい」とか具体的にわかるようになってから、プラグインを買い足すようにしましょう。

このページのトップへ↑