トップページ > 宅録の為の機材の選び方 >  マイク

マイク

レコーディングで使われるマイクは、主に2つのタイプに分かれます。

1つはダイナミックマイク。大音量や衝撃に強く、ギターアンプにやドラムに使われる他、ライブでのボーカルマイクとしても使われています。

もう一つはコンデンサーマイク。ダイナミックマイクに比べると繊細で、レンジが広く、解像度が高い音を収録できます。その分、扱いもデリケートになるので注意が必要です。

レコーディングスタジオでは歌の録音などは圧倒的にコンデンサーマイクが多いですが、ダイナミックマイクの方が、周囲の雑音を拾いにくいため、宅録には有利な部分もあります

コンデンサーマイクの注意点

コンデンサーマイクは構造上、+48V(ファンタム電源)という別途電源が必要です。

このファンタム電源は、扱いに注意が必要で、マイクケーブルを抜き差しする際には絶対オフにしないといけません。

また、ダイナミックマイクでファンタム電源をオンにすると故障の原因になります。

宅録初心者の人は特に注意して扱いましょう。

このページのトップへ↑

マイクの指向性

マイクには「指向性」という特性があります。

最もスタンダードなのが「単一指向性」という、正面にある音を拾う特性です。
正面と言っても、マイクから離れれば離れるほど広い範囲の音を拾います。

また、同じ「単一指向性」でも音が拾う範囲がさらに狭い特性を「超指向性」マイク周辺の音を全て拾う「無指向性」などがあり、マイクによってはこれらの指向性を切り替えすることもできます。

周囲の雑音がひどい宅録環境では「単一指向性」のマイクを重宝します

このページのトップへ↑

マイクはデザインも大切

マイクは音の入り口であるため、音質のクオリティに直接影響します。

歌をレコーディングするとき「歌いやすい」「歌い辛い」といったような感覚も大切なので、見た目がカッコイイ!なんていうデザインも大切です。

マイクといっても。様々なタイプがあるので、自分の用途、、、「歌を録音したいのか」「ギターを録音したいのか」「ピアノを録音したいのか」をはっきりさせて、最適なマイクを選びましょう。

このページのトップへ↑