Top > 宅録で「部屋」は重要 > 宅録部屋の構築

宅録部屋の構築

宅録で重要なファクターとなってくるのが、「部屋」です。

たいていの人は防音室など持っていませんので、近隣住民の迷惑にならないように工夫する必要があります。

また、「部屋」の持っている響き=ルームアコースティックも重要です。

マイクで録音した音にはルームアコースティッックが必ず入るからです。

歌を録音した際に、お風呂のようなリバーブが常にできてしまったり、コンクリートの壁からの反射音が強かったり、、、と色々な癖があると思います。

音楽にあった響きをしていれば良いのですが、適切な響きじゃないと良い録り音になりません。

宅録では、オールマイティーに使えるという意味で、ある程度響きを抑えたデッドな部屋鳴りをおすすめします。