Top > シーケンスソフト > Logic

Logic

LogicはメーカーがAppleなので、macとの互換性という意味では一番安心できるかも知れません。

また、MIDIデータに強いので打ち込みメインのプロのアレンジャーなどはLogicを使用している人は多いです。

筆者もごくたまにLogicで作業することはありますが、MIDIデータの扱いの昨日が充実しているので、打ち込みメインの制作では重宝します。

Logicの最大のメリットは、初期エフェクトの質の良さとMIDI音源が充実していることだと思います。
初期エフェクトがとても扱い易く、音質的にも十分なモノを持っているし、MIDI音源もかなり使える音源です。

デメリットは、ProToolsと違って商業レコーディングスタジオのベースになっていないので、セッションファイルをそのまま商業スタジオに持ち込みできないことです。

また、ミキシングで使用するプラグインエフェクトなどがProtools専用(RTAS,TDM)だったりするので、質の高いプラグインエフェクトの一部のソフトが使用できないことも少々不便です。