Top > シーケンスソフト > ProTools

ProTools

管理人が愛用している一押しのシーケンスソフトのProToolsは、その名のとおりプロ愛用のソフトです。

商業レコーディングスタジオに入っているソフトの90%以上はProtoolsです。

オーディオデータの扱いが得意ですが、バージョン8以降ではMIDIデータの扱いも良くなりました。

バージョン9以降では遅延補正機能の追加、オーディオインターフェースも自由に選べるようになり、利便性が向上し、さらにユーザーが増えている感があります。

ProToolsの最大のメリットは、宅録で制作したセッションファイルを商業スタジオでそのまま開くことができることです。

冒頭に書いたとおり、レコーディングスタジオの90%以上はProToolsを使用していますから、そのままファイルを交換することができるので、互換性はバッチリです。

また、ミキシングという観点から、ProToolsは専用のプラグインソフト(RTAS、TDM)があるため、高価なプラグインソフトの購入が可能であるならProToolsを選択するのが一番良いでしょう。

デメリットはバウンス=トラックの書き出し時間が短縮できないことです。

ProToolsはトラックの書き出しをしている時間がリアルタイムでかかります。

他のシーケンスソフトはオフラインバウンスといって高速で処理することができる機能がついているモノが多いので、この点に関してだけは少々不便な点かもしれません。

また、Windowsに対応しているとありますが、やはりMacとの互換性の方が高いです。

トラブルシューティングなどは圧倒的にMacの方が優れています。